堺屋太一さんが死去 83歳 作家で元経企庁長官

02/10 18:14
作家で元経済企画庁長官の堺屋太一さんが8日、亡くなった。
83歳だった。

堺屋さんは、東京大学卒業後、1960年に当時の通商産業省に入省し、1970年の大阪万博の企画を担当するなどした。

その後、石油危機をテーマにした「油断!」で作家デビューし、第1次ベビーブーム世代が社会に与える影響を予測した小説「団塊の世代」を出版するなどして、ベストセラー作家になった。

1998年からは2年間、小渕内閣と森内閣で経済企画庁長官を務め、2013年には安倍内閣の内閣官房参与に任命された。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング