首都圏で大雪のおそれ 交通は 北海道では-30度以下に

02/09 12:13
上空に入り込んだ強い寒気の影響で、各地で冷え込みが強まり、首都圏でも大雪のおそれがある。

関東などでは、9日未明から雪が降りだし、千葉市では、午前11時時点で2cmの積雪を記録。
千葉市の公園では、地面が真っ白になった。

神奈川・横浜市のJR桜木町駅前でも雪が降り出した。

JR桜木町駅前では、「雪だるま作りたい」、「でもニンジンがないから、雪だるま作れない」などの声が聞かれた。

成田空港でも、飛行機の機体が雪におおわれ、除雪作業が行われている。

この雪の影響で、日本航空で50便、全日空が45便の欠航が決まっているほか、首都圏でも、一部の列車が速度を落として運行している。

また北海道では、9日朝にかけて、4カ所で氷点下30度を下回った。

北海道・陸別町は、午前6時すぎに氷点下31.8度を記録し、日が昇るとダイヤモンドダストが見られた。

このあと9日夜にかけて関東の広い範囲で雪が降り、平野部でも雪が積もる見込み。

10日午前6時までの24時間で、多いところで、関東の平野部で8cm、山沿いで10cmなどとなっている。

東京23区では、大雪注意報が出ているほか、今後1週間は、北日本や東日本を中心に気温が低い状態が続く見込み。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング