レオパレス21 3月末までの転居要請 施工不良問題

02/09 01:31
賃貸アパートの施工不良問題で、レオパレス21は、天井が建築基準法の耐火性能を満たしていない物件の入居者およそ7,800人に、3月末までの転居を要請した。

レオパレス21によると、天井が建築基準法の耐火性能を満たしていない物件641棟の入居者7,782人に対して、3月末までの転居を求めているという。

3月末の転居が困難な入居者には、4月以降の転居を求め、既存のレオパレスの物件などを紹介する方針。

引っ越しは、レオパレスの取引業者が行う方針だが、引っ越し繁忙期のため、業者確保のめどはまだ立っていないとしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング