北日本に「最強の大寒波」 札幌は“40年ぶり”寒さ

02/08 17:50
8日朝の青森市。

吹雪にじっと耐える小学生の姿があった。

その青森市内では、地吹雪が発生し、また、車と車の正面衝突事故も発生した。

北日本には、1957年の統計開始以来、最強の大寒波が襲来。

北海道・留萌市では、午前11時すぎに氷点下13.5度を観測し、街を歩く人は吹きつける雪で全身が真っ白に。

雪まつりでにぎわう札幌市。

8日未明に観測した最高気温は氷点下10.1度で、このまま氷点下10度を上回らなければ40年ぶりの記録となる。

福岡からの観光客
「ハンパないですね。めちゃくちゃ寒いです」

観光客に人気の温泉施設では、記録的な寒さで困った事態に。

露天風呂の床が寒さで凍りつき、危険な状態。

滑るおそれがあるため、貼り紙で注意喚起を行う緊急事態が発生していた。

JASMAC PLAZA・青山泰之さん
「電熱で、基本的には(床が)凍らないようにはなっているが、想定気温がそれ以下になってしまっているので、足元が非常に危険かなと。ここまで寒くて凍っているのは、初めてですね」

足元の危険だけではない。

内湯側の室内気温が26度なのに対し、露天風呂のある外は氷点下5度。

大きな寒暖差によるヒートショックを起こす可能性もあるため。

青山さん
「できたら露天は使わずに、内風呂だけでということも考えてもらえれば」

観測史上最強レベルの強い寒気は、3連休の関東に大雪をもたらす可能性がある。

東京地方では、朝から雪が降り始め、23区でも5cmから10cmの降雪となる予想。

交通機関に、影響が出るおそれもあるとみられている。

街の人
「積もったら大変。東京は雪弱いじゃないですか。交通機関が心配」

関東では9日の3連休初日に加え、最終日の11日にも雪が降る予報となっている。

都内のホームセンターでは急きょ、融雪剤やタイヤチェーンなど、雪対策グッズを買い求めるお客さんが相次いでいた。

ホームセンターに来た客
「今のうちに(融雪剤を)買っておこうかなと。すぐなくなっちゃうと、困るので」

受験シーズン真っただ中。
この3連休も、私立大学の入学試験が行われる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング