豚コレラ感染拡大 同じトラックが各地出入り

02/08 06:41
「豚コレラ」の感染拡大で、愛知の養豚場にエサを運んだトラックが、1月、豚コレラが発生した岐阜の養豚場にも出入りしていたことがわかった。

農水省によると、愛知・田原市の養豚場にエサを運んでいたトラックは、1月、豚コレラの感染が確認された、岐阜県内の養豚場にもエサを運搬していた。

田原市の養豚場は、長野や滋賀など、5府県に子豚を出荷していた、愛知・豊田市の業者が運営していて、農水省は、感染経路との関連を調べている。

一方、愛知県によると、豊田市の養豚場では、1月27日から、ブタに食欲の衰えなどの症状が出ていたという。

県は、連絡があるまで把握できておらず、この養豚場では、5日まで出荷が続けられていた。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング