関係者の参考人招致合意 統計不正問題

02/07 21:06
7日午後、衆議院予算委員会の与野党の理事らが協議し、厚生労働省の統計不正問題をめぐって、与党側が関係者の参考人招致を受け入れた。

安倍首相は「再発防止、統計の品質向上に向けて、徹底した検証を行う」と述べた。

7日の参議院予算委員会で安倍首相は、統計の信頼回復に、政府を挙げて取り組む姿勢を強調した。

一方、野党側は、統計不正問題のキーマンである大西前政策統括官など、3人の出席をあらためて求め、7日午後、衆議院予算委員会の与野党の理事らが協議した。

2019年度予算を年度内に成立させたい与党側は、野党側に譲歩せざるを得ないと判断し、大西氏と総務省統計委員会の西村委員長の参考人招致に応じる方針を伝えた。

自民党・田中衆院予算委筆頭理事は、「あまり好ましいことはないかもしれないが、どうしてもこの重要な当初予算の審議に資するという立場で、われわれもお願いをし、了解を得たところ」と話した。

大西氏らは、早ければ8日の審議に招致される。

7日午後、参議院の本会議で、2018年度の第2次補正予算が可決・成立した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング