トヨタ 業績予想を下方修正 1兆8,700億円に

02/06 18:49
トヨタ自動車は、2019年3月期の業績予想を下方修正すると発表した。

トヨタは、2019年3月期のグループ全体の最終利益の見通しを下方修正し、従来予想から4,300億円少ない、1兆8,700億円になる見通しだと発表した。

株式市況の悪化により、保有している有価証券の評価損を計上したことなどが要因。

売上高は、従来予想の29兆5,000億円を据え置き、過去最高を更新する見通し。

また、2018年4月から12月期の本業のもうけを示す営業利益は、9.5%増の1兆9,379億円で、中国などアジアの販売が好調で収益を押し上げた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング