豚コレラ感染確定で殺処分開始 出荷先5府県にも感染拡大

02/06 12:10
豚コレラの感染が拡大している。

農林水産省は発生した愛知・豊田市の養豚場から、豚が出荷された大阪府や長野県などでも感染が確認され、5つの府県に拡大したと明らかにした。

吉川農水相は、「極めて重大な局面を迎えている。まずは防疫措置の早期完了を目指して全力を尽くさなければならない」と述べた。

農水省によると、飼育している豚から感染が確認された愛知・豊田市の養豚場からの出荷先は、大阪・長野・岐阜・滋賀の養豚場と愛知県内の関連の養豚場のあわせて5つで、飼育されている豚は、あわせておよそ9,200頭にのぼる。

それぞれの施設で、殺処分がすでに始められているという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング