正論大賞の贈呈式 憲法改正議論をけん引

02/06 00:44
第34回正論大賞の贈呈式が都内のホテルで行われ、駒澤大学名誉教授の西修氏と、国士舘大学特任教授の百地章氏に記念のブロンズ像が贈られた。

西修氏と百地章氏は、いずれも憲法学者で、積極的な提言などを通じ、憲法改正に向けて議論をけん引していることが高く評価され、「正論大賞」に選ばれた。

西氏、百地氏は、新進気鋭の言論人を対象にした「正論新風賞」に選ばれた静岡大学教授の楊海英氏とともに、記念のブロンズ像を受け取った。

贈呈式には、安倍首相も駆けつけ、受賞者にお祝いの言葉を述べた。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング