【速報】雪像崩れ 1人心肺停止 「雪まつり」準備中

02/04 17:13
新潟・十日町市で4日、雪まつりに向け作られていた雪像が崩れ、作業員2人が雪の下敷きになった。
70代の男性が、心肺停止の重体となっている。

4日午後1時半ごろ、十日町雪まつりの雪上カーニバル会場で、制作途中だった高さ10メートル・幅5メートルの火焔(かえん)型土器の雪像が突然、崩れた。
これにより、男性作業員2人が、大量に崩れた雪の下敷きになり、病院に運ばれた。

70代の男性が心肺停止の重体で、40代の男性は軽傷で、命に別条はないという。

十日町市では、4日朝から雨が降っていて、最高気温は3月下旬並みの9.3度となり、2019年最高を記録。

雪崩注意報も出されていた。

警察などが事故の原因をくわしく調べている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング