ベネズエラ全土で反政府デモ マドゥロ大統領も集会

02/03 12:03
政治的混乱が続く南米・ベネズエラの全土で、マドゥロ政権に反発するデモが行われた。

首都・カラカスで2日、大規模な反政府デモが行われ、参加者らは、マドゥロ大統領の退陣を求めた。

暫定大統領への就任を宣言したグアイド国会議長は、「平和的、かつ組織的な方法で力を示そう」と呼びかけている。

一方、マドゥロ大統領も集会を開いて、自らの正統性をアピールし、議会選挙の前倒しを検討していると表明した。

議会は、野党勢力が多数を占めていることから、議会を解散して選挙を前倒すことで、野党を抑え込む狙いがあるとみられる。

こうした中、ベネズエラ空軍の幹部が、グアイド氏を暫定大統領として認めると表明した。

マドゥロ大統領に反旗を翻す軍幹部が相次いでいて、さらなる混乱が予想される。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング