米 INF条約破棄を発表 崩れた「核なき世界」軍拡も

02/02 07:19
アメリカのトランプ大統領は、INF(中距離核戦力)全廃条約の破棄について、「アメリカだけが損するわけにはいかない」と述べて、新しい枠組みの必要性を強調した。

トランプ大統領は、「ほかの人たちが守らないのに、われわれが条約を守って規制され、損するわけにはいかない」と述べた。

トランプ大統領は、1日、ロシアがINF全廃条約に違反し、中距離ミサイルの開発を続けてきたことなどを批判した。

また、軍拡を続ける中国がこの条約に縛られずにミサイル開発を進めてきた現状をふまえ、より多くの国が加盟する新しい条約が必要だと強調した。

アメリカは2日、INF全廃条約の破棄をロシアに正式に通告する予定で、条約は、通告から半年後に失効する。

今後、アメリカが新たなミサイル開発に踏み切れば、ロシアと中国が対抗策を講じる可能性があり、新たな軍拡競争を招くことが懸念される。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング