ホワイトアウトも...北日本で“冬の嵐” 富士山も雪化粧

02/01 17:53
きょうから2月の日本列島。

北日本では、冬の嵐となる一方、1月31日、久しぶりの雪を観測した関東では、週末は一転、気温が急上昇しそう。

青森・五所川原市。
猛烈な地吹雪が発生し、非常に視界が悪くなった。

最大瞬間風速は、18.4メートル。

風は地吹雪となり、視界が遮られる「ホワイトアウト」が発生。

車のヘッドライトが、辛うじて見える危険な状況。

さらに、北海道・襟裳岬でも32.2メートル。

岩手・大船渡市で、27.2メートルの最大瞬間風速を観測。

北日本各地で、雪や風が強く、冬の嵐となった。

首都圏で、1日未明まで降り続いた雪。

一夜明けた千葉・佐倉市では、道路に白く雪が積もり、車のフロントガラスも一面雪に覆われた。

一方、1月29日、カラカラ天気による雪不足で、黒い山肌が目立つ状態となっていた富士山。

1日は、うっすら雪化粧をまとい、冬らしい富士山の姿を取り戻していた。

富士山周辺の静岡・富士市では1月31日、およそ1カ月半ぶりに17.5mmの降水があった。

富士山周辺では、雪となったことから、黒い山肌が見えていた部分が雪で覆われ、この時期本来の姿に戻った。

富士山を見た人
「きのう、おとといの富士山は、ほとんど雪なかったから。けさ、ほんと素晴らしいですよ。梅と富士山が撮れる状況になった」

一方で、この週末には、早くも春の訪れを感じられそう。

東京・中央区の浜離宮庭園。
鮮やかな黄色の菜の花に、濃いピンク色の紅梅がすでに見頃を迎えており、ひと足早い春の訪れを告げている。

浜離宮庭園を訪れた人
「すごい春が来たなって」

2月に入ったばかりなのに、近づく春の気配。

この週末は全国的に暖かく、週明けには「春一番」が吹く可能性もあるという。

酒井千佳気象予報士
「3日(日曜日)と4日(月曜日)の予想最高気温なんですが、3日は仙台で13度、鹿児島では19度まで上がります。さらに4日、東京でも18度まで上がる予想で、全国的に暖かくなりそうなんです」
「この暖かくなる原因が、強い南風です。この南風、強く吹いて春一番になる可能性があるんです。関東地方における春一番の条件はというと、立春から春分の期間中に吹く風。そして、日本海側に低気圧があること。さらに、東京において、最大風速が8メートル以上の南風が吹くこと。そして、前日よりも気温が高くなること。この4つの条件を満たせば、春一番が吹いたと判断されます」
「2月4日が立春なんですけれども、関東地方では、これまで早い春一番の記録が2月5日ですので、もし月曜日に春一番の発表があれば、過去最も早いということになります」

一方、北陸から北の日本海側も、雪が弱まるが、週明けは再び荒れた天気となるおそれがあり、注意が必要。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング