【速報】明石市長が辞職の意向 “暴言”に苦情殺到

02/01 12:02
国道の拡張工事をめぐって、職員に「建物に火をつけてこい」と暴言を吐いた兵庫・明石市の泉房穂市長が辞職する意向を固めたことがわかった。

明石市の泉房穂市長(55)は2017年6月、JR明石駅前の国道の拡張工事をめぐって、担当職員に対し、立ち退き交渉が遅れていた建物に「火をつけてこい」などと暴言を吐き、1月29日、謝罪会見を開いた。

会見では、何らかの処分を受けると発言していたが、1日に辞職する意向を固めたことが関係者への取材でわかった。

謝罪会見のあと、明石市役所には、苦情が殺到していた。

泉市長は、午後にも会見を開き、正式に辞職を表明するとみられる。

(関西テレビ) (関西テレビ)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング