米中貿易問題 前進なるか トップ会談で合意目指す

02/01 06:43
アメリカと中国の閣僚級の貿易協議が続く中、トランプ大統領は近く、中国の習近平国家主席と直接会談して、決着を目指す考えを示した。

トランプ大統領は、「おそらく、最終的な取引がなされる。その場合、わたしと習主席の間でなされるだろう」と話した。

トランプ大統領は1月31日のツイッターで、アメリカ・ワシントンで行われている米中貿易協議について、「順調に進んでいる」と、交渉進展に期待感を示した。

そのうえで、「習主席と、近い将来会談して合意するまでは、最終的な取引はない」と、最後はトップ会談で最終合意する考えを示した。

これに関連して、アメリカメディアは、中国側がアメリカに2月下旬の米中首脳会談を提案したと伝えている。

2日目に入った米中閣僚級協議は、知的財産の問題などについて、断続的に議論が行われた。

中国の劉鶴副首相は、トランプ大統領とも会談し、首脳会談に向けた調整をするものとみられる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング