遺体の身元確認中 女子大生か 35歳男を死体遺棄で逮捕

01/31 12:12
女子大生行方不明事件で、茨城・神栖市内で女子大生とみられる遺体が発見され、警視庁は、35歳の男を死体遺棄の疑いで逮捕した。

テントが張られている場所が、遺体の遺棄現場。

31日午前1時半から、男を同行させ捜索したところ、供述通り遺体が見つかり、捜査は急展開した。

31日午前11時50分現在も、鑑識活動が続けられている。

逮捕された広瀬晃一容疑者(35)は、2018年11月20日ごろ、茨城・神栖市内の畑に性別不明の遺体を埋めて遺棄した疑いが持たれている。

警視庁は、遺体は行方不明の東京・葛飾区の19歳の女子大生とみて、確認を進めている。

広瀬容疑者は、30日になって、「掲示板で知り合った女性に騒がれ、殺してしまった。車の中で殺害し、遺体を地中に埋めた」などと自供し、供述通り、神栖市内の畑で遺体が見つかったという。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング