新東名と東北道 最高速度120kmへ 2区間で試験的に

01/31 00:20
高速道路の最高速度、120km時代に突入する。

3月1日から、試験的に最高速度が120kmに引き上げられるのは、静岡県の新東名高速道路、新静岡インターチェンジと森掛川インターチェンジの間と、岩手県の東北自動車道、花巻南インターチェンジと盛岡南インターチェンジの上下線。

この2つの区間は、2017年、試験的に最高速度が110kmに引き上げられていて、警察が、その後の事故の発生状況などを検証した結果、「一定の安全レベルを確保できた」と判断し、今回の引き上げに踏み切った。

国内の道路で、最高速度が120kmになるのは初めて。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング