今度は「元世界最強棋士」に挑戦 囲碁・仲邑菫さん

01/30 17:56
史上最年少で囲碁のプロ棋士になる仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(9)が、韓国で、元「世界最強棋士」との記念対局に挑んだ。

菫さんは、「緊張してます」と話した。

30日朝、仲邑菫さんが対局したのは、過去に世界大会で11回優勝し、通算1,949勝の世界記録を持つチョ・フンヒョン九段(65)。

ハンディなしで果敢に攻め込んだ菫さんだったが、終盤になって、チョ九段が陣地を広げ、菫さんが投了。
悔しい敗戦となった。

菫さんは、記者からの「終わってみて今の気持ちは?」との質問に首をかしげ、「強かった?」との質問に少しうなずいた。

チョ九段は、「わたしが9歳の時より、菫ちゃんの方が優秀だ」と話した。

4月に史上最年少の10歳でプロ入りする菫さんは、韓国メディアが「天才少女」と取り上げ、注目されている。

菫さんは、今後も日本と韓国を行き来し、腕を磨くという。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング