バター輸入枠、5割以上増へ 消費増など受け

01/30 12:37
農林水産省が、2019年度のバターの輸入枠を2018年度より5割以上増やす方針を固めたことがわかった。

関係者によると、農水省は、2019年度のバターの輸入枠について、2018年度の1万3,000トンから50%以上増やし、2万トンにする方針だという。

これは、原料になる生乳の生産量の減少が続く一方で、消費が増えていることなどを受けたもの。

バターの輸入については、安定供給などを図るため、2017年度から、年度ごとに輸入枠が設定されている。

農水省は、十分な量を確保したい考えで、午後、業界団体などに説明することにしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング