トランプ氏の元選対顧問逮捕 ロシア疑惑めぐる偽証罪

01/26 07:23
2016年の大統領選挙で、アメリカのトランプ大統領の選対顧問を務めたロジャー・ストーン被告がロシア疑惑をめぐり、偽証罪で逮捕された。

ストーン被告は、2016年の大統領選中に、ロシア当局に盗み取られたクリントン元国務長官陣営の電子メールを暴露した内部告発サイト「ウィキリークス」とやりとりしていたと報じられていて、疑惑をめぐって議会にうその証言をしたとして、ムラー特別捜査官に起訴されていた。

ストーン被告は、「わたしは、議会での宣誓を偽証したとして、ぬれぎぬを着せられている」と述べた。

ストーン被告は25日、フロリダ州の自宅でFBI(連邦捜査局)に逮捕されたが、保釈金を支払い、すでに釈放され、「不当に起訴された」と無罪を主張している。

ホワイトハウス・サンダース報道官は、「トランプ大統領ともホワイトハウスとも全く関係ない」と述べた。

これについて、ホワイトハウスは、トランプ大統領の関与を強く否定している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング