「宅ふぁいる便」480万件情報流出 海外から不正アクセス

01/26 00:47
インターネットで情報ファイルを転送する「宅ふぁいる便」で、およそ480万件の個人情報が流出した。

情報が漏えいしたのは、「宅ふぁいる便」の利用者の生年月日やメールアドレス、パスワードで、最大で480万件にのぼるという。

サービスを運営する大阪ガスの子会社のオージス総研は、同じパスワードでほかのウェブサービスを利用している人は、パスワードを変更するよう呼びかけている。

1月22日に海外からの不正なアクセスを確認し、23日にサービスを停止していたが、25日、情報が流出していることを確認したという。

「宅ふぁいる便」は、電子メールでは送りづらい動画などの大きな容量のファイルを相手に転送できるサービス。

(関西テレビ) (関西テレビ)

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング