「そうだ京都、行こう。」2代目ナレーターに柄本佑さん 初代・長塚京三さんからエール

01/25 18:39
「話題.com」。

人気CM「そうだ京都、行こう。」の話題。

25年にわたって、ナレーションを務めた長塚京三さん(73)が卒業し、25日、2代目ナレーターが発表された。

「そうだ京都、行こう。」をキャッチコピーに、1993年から25年間、俳優の長塚京三さんがナレーションを務めていたCM。

2018年、節目の25年を迎え、長塚さんは卒業。

2代目“旅人”として選ばれたのは、柄本明さんと角替和枝さんの長男で、安藤サクラさんを妻に持つ、柄本佑さん(32)。

柄本さん
「家族が集まっているところで『ちょっと報告があるっす』と言って、その時ちょうどニュースで長塚さんのがやってたんですよ、それで、俺が思い出して、『はい! これの2代目、俺がやります』と言ったら、割とみんな、『おぉぉ...』と、『それはいい仕事もらったね』って」

そして、初めての収録に臨んだ柄本さん。

スタジオでは、25年間、長塚さんと一緒にCMを作ってきたスタッフから、サプライズが。

スタッフから渡されたのは、長塚さんからのメッセージ。

柄本さん
「これは、うれしいですけど、ちょっとプレッシャーが...頑張ります!」

手紙には、長塚さんの直筆で、「佑くんのパフォーマンス、とても楽しみにしています。レッツ、エンジョイ!」と書かれていた。

柄本さん
「僕、実は長塚(京三)さんのファンで、それこそ長塚さんの声って、すごく好きなんですよね。だから、その2代目をやらさせてもらう緊張感もありましたけど...」

「映像と音楽に自分の声がのっているのを聞いて、ちょっとほくそ笑んじゃいました。超恥ずかしいんですけど、ちょっとうれしかった」

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング