「日本の哨戒機が威嚇飛行」 岩屋防衛相が韓国に反論

01/23 21:20
韓国国防省は、日本の哨戒機が23日午後、韓国海軍の艦艇に威嚇飛行したとして、「強力に糾弾する」と強く批判した。

韓国国防省によると、23日午後2時すぎ、韓国南部・済州(チェジュ)島のさらに南にある離於島(イオド)の近海で、日本の哨戒機が韓国海軍艦艇から距離およそ540メートル、高度60から70メートルで飛行したという。

国防省は「低空威嚇飛行」だと主張し、「友好国の艦艇に対する明白な挑発行為であり、日本の真意を疑わざるを得ず、強力に糾弾する」と批判している。

国防省関係者によると、現場は、日本と韓国と中国の防空識別圏が重なる空域で、日本の哨戒機が、韓国海軍の艦艇の周辺を円を描くように飛行したということで、「およそ20回、『これ以上接近したら自衛権的措置をとる』と無線で呼び掛けたが、日本側の応答はなかった」としている。

国防省は夕方、日本大使館の防衛武官を呼び出して抗議した。

レーダー照射問題に端を発した日韓両国の軍事・防衛当局の対立は、ますますエスカレートしている。

一方、岩屋毅防衛相は23日午後、「距離も従来通り500メートル以上、高度も150メートル以上とって、適切な運用・飛行を行っていると承知している」と反論した。

岩屋防衛相は、「韓国側から指摘のあった、60メートルから70メートルの高度は正確ではない。国際法や国内法規にのっとって、適切に運用している」と述べ、韓国国防省の主張に反論した。

また、1月18日、22日の飛行も、「脅威になるような飛行は行っていない。韓国側にもしっかり伝えている」と述べた。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング