「万引き家族」アカデミー賞候補に 外国語映画部門

01/23 01:10
アメリカ映画界最高の栄誉とされるアカデミー賞の外国語映画部門に、是枝裕和監督の「万引き家族」がノミネートされた。

アカデミー賞の外国語映画賞に日本映画がノミネートされたのは、10年前に受賞も果たした「おくりびと」以来となる。

「家族」のあり方を問いかけた「万引き家族」は、フランスのカンヌ映画祭で最高賞にあたるパルムドールを獲得するなど、世界的に高い評価を得ている。

また長編アニメ部門では、細田守監督の「未来のミライ」がノミネートされた。

賞の発表と授賞式は、2月24日にハリウッドで行われる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング