仲邑菫さん「世界で戦える棋士に」 韓国“世界女王”と対局へ

01/22 12:52
史上最年少で囲碁のプロ棋士となる仲邑菫(なかむら・すみれ)さん(9)が、修行を積んだ韓国で、23日の対局を前に記者会見を行った。

仲邑菫さんは、「(囲碁のどんなところが好き?)勝つときがうれしいです。(どんな棋士になりたい?)世界で戦える棋士。(あす勝つチャンスは?)頑張ります」と話した。

地元メディアも訪れる中、仲邑菫さんは22日午前、ソウルの韓国棋院で会見を開き、緊張したような表情も見せながら質問に応じた。

菫さんは2017年、韓国へ渡って囲碁道場などで修行を積み、2019年4月、史上最年少となる10歳0カ月でプロ入りする。

菫さんは23日、女流世界トップの崔精(チェ・ジョン)九段と記念対局を行う予定。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング