「謝罪求める立場に変化ない」 韓国国防省

01/22 12:13
韓国国防省は22日、「日本の哨戒機の低空威嚇飛行について、謝罪を求める立場に変化はない」とあらためて主張した。

また、防衛省が21日、「2018年4月と8月の合計3回、今回とほぼ同じ高度と距離で韓国の駆逐艦近くを日本の哨戒機が飛行した際に、韓国は威嚇だと抗議しなかった」と指摘した事については、「韓国側が把握している高度や距離と差があり、今回の事例と同一に見ることはできない」と述べた。

「レーダー問題を希薄化するため、威嚇飛行と抗議してきた」との防衛省の指摘を否定した形。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング