中国2018年GDP成長率6.6% 28年ぶり低水準

01/21 12:15
中国の2018年のGDP(国内総生産)の成長率は6.6%と発表され、28年ぶりの低水準となった。

中国の国家統計局によると、2018年のGDP成長率は、前の年を0.2ポイント下回る6.6%で、2年連続の縮小、天安門事件以来28年ぶりの低水準となった。

ただし、政府の目標の「6.5%前後」は達成した形で、当局は、「合理的範囲を保持し、全体的に安定している」とアピールしている。

一方で、2018年の第4四半期は6.4%と、およそ10年ぶりの低水準で、中国政府による景気の下支え政策がどこまで効果を出すのか注目される。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング