あすにかけ猛吹雪に警戒 北日本や北陸で

01/20 17:59
北日本や北陸では、20日夜から21日にかけて、低気圧と強い寒気の影響で猛吹雪になるおそれがあって、交通機関の乱れなどに注意が必要となる。

低気圧が接近している影響で、20日午後5時半現在、秋田県や山形県、新潟県には、暴風雪警報が発表されている。

20日夜から21日の午前中にかけては、日本海側では、雪をともなった非常に強い風が吹くおそれがあり、猛吹雪になるところがあるとみられる。

20日夜から21日にかけて予想される最大瞬間風速は、東北や新潟で30メートルとなっていて、北海道でも21日の明け方には、日本海側で局地的に雪や風が強まる見込み。

大雪や猛吹雪による交通機関の乱れなどに、警戒が必要。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング