米朝首脳会談は2月下旬 開催場所は「後日発表」

01/19 07:17
アメリカのホワイトハウスは、トランプ大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長との2回目の米朝首脳会談を2月下旬に行うと発表した。

前回の会談とは対照的に、今回の会談は完全非公開とされ、首脳会談の時期についても簡単な発表にとどまった。

金英哲(キム・ヨンチョル)副委員長は18日午前、滞在先のホテルで、ポンペオ国務長官とビーガン北朝鮮担当特別代表と会談し、2回目の米朝首脳会談に向けての調整が行われた。

金副委員長は、その後、ホワイトハウスを訪れ、トランプ大統領と1時間半にわたって会談。

その後、ホワイトハウスは声明を発表し、2回目となる米朝首脳会談を2月下旬に開催することを明らかにした。

ただ、開催場所については、後日発表するとしている。

サンダース報道官は、「(金副委員長と)前向きな話ができた。大統領は首脳会談を楽しみにしている」と述べた。

前回の首脳会談では、「朝鮮半島の完全な非核化」で合意しているが、今回あらためて、どこまで具体的な道筋が示せるかが焦点となる。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング