EU離脱案史上最悪の「否決」 メイ首相、不信任採決へ

01/16 18:56
イギリス議会下院は15日、EU(ヨーロッパ連合)からの離脱案を否決した。
下院史上、最悪の大敗。

離脱案は、野党のみならず、与党の強硬離脱派も「メイ首相は、EUに妥協している」と反発し、賛成202票、反対432票の歴史的大差で否決された。

メイ首相は、「議会がどのようにイギリス国民の意思を尊重しようとしているのか、全くわからない」と述べた。

最大野党の労働党は、メイ首相への不信任案を提出し、16日に採決が行われる予定。

EUのトゥスク大統領は、「誰が勇気を持って唯一の解決策を提示するのか」とツイートし、EU離脱を見直すべきとの考えを暗に示した。

メイ首相は、1月21日までに今後の方針を示すとしているが、EUは再交渉に応じない構えで、3月29日の離脱期限を前に、「合意なき離脱」の可能性や、離脱日程の延期も取りざたされている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング