「サントリー天然水」トップに 28年間首位「ジョージア」抜く

01/16 06:28
2018年の飲料水販売数量は、「サントリー天然水」が、28年間トップだった「ジョージア」を抜いて、1位になった。

調査会社の飲料総研によると、2018年の清涼飲料水の年間販売数量は、「サントリー天然水」が1億1,730万ケースと、前の年に比べ9%増え、国内市場で1位になった。

猛暑や災害などで需要が伸びていて、水のブランドがトップになるのは初めて。

1990年以来、首位を守ってきた日本コカ・コーラの「ジョージア」は、缶コーヒー市場の落ち込みで2位に後退した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング