強奪金で借金返済と高級外車購入 元議員秘書1億円強盗

11/09 13:19
8年前、京都市の住宅で1億円が奪われた事件で、逮捕された元国会議員秘書の男が、奪った金のうち、2,000万円を借金の返済にあて、残りの金で、高級外車を購入していたことがわかった。

上倉崇敬容疑者(44)は、8年前、京都市左京区の住宅に、宅配業者を装って押し入り、住人を刃物で脅して、現金1億円を奪った疑いが持たれている。

上倉容疑者は事件当時、自民党の二之湯智参議院議員の公設秘書だった。

その後の取材で、上倉容疑者は、共犯で逮捕された西谷真弓容疑者(59)に借金があり、奪った金のうち、およそ2,000万円を返済にあてていたことが新たにわかった。

さらに、残りの金で、高級外車・フェラーリを購入していた。

上倉容疑者は事件の前に、西谷容疑者から、被害者の家に多額の現金があることを教えられていたという。

調べに対し、2人は、容疑を否認している。

(関西テレビ) (関西テレビ)

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング