7日NY株式市場 約1カ月ぶりに2万6,000ドルを回復

11/08 09:08
7日のニューヨーク株式市場は、大幅に続伸して取引を終えた。

7日は、アメリカの中間選挙が想定通りの結果となったことで不透明感が後退し、ハイテク株を中心に幅広い銘柄で買いが広がった。

ダウ工業株30種平均は、前の日の終値より545ドル29セント高い、2万6,180ドル30セントと、およそ1カ月ぶりに2万6,000ドルを回復して取引を終えた。

ナスダック総合指数も上げて、7,570.75と、3週間ぶりの高値水準となった。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング