中間選挙から一夜 アメリカの受け止めは トランプ氏まもなく会見へ

11/07 23:52
アメリカの中間選挙は、上院で勝利した与党・共和党が下院では敗北し、「ねじれ議会」となった。

アメリカ国内では、どう受け止められているのか。

新聞各紙は、野党・民主党が8年ぶりに下院を奪還したことを、大きく伝えている。

一方の共和党は、2年後の大統領選で大票田となるフロリダ州やテキサス州で、大きな勝利を収めたことから、トランプ大統領が再選への足がかりを作ったと報じている。

トランプ大統領はツイッターで、日本時間8日午前1時半ごろから、ホワイトハウスで記者会見を行うと発表した。

「中間選挙での成功について説明する」と強調している。

(トランプ大統領が、そんなに強気な背景は?)
あくまでも、上院での勝利を前面に出して強調する狙いがあるとみられる。

トランプ大統領は分断をあおり、怒りに訴える形で支持層を強固にしてきた。

今回、ねじれ議会となったことで、かえってトランプ大統領お得意の対立構図を描きやすくなったことから、2年後の再選に向けて有利に働くとの見方もある。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング