スバル追加リコール10万台 ブレーキ検査など不正

11/05 19:18
新たに10万台をリコール。

スバルの中村知美社長は、「深くおわび申し上げます」と謝罪した。

スバルは、出荷前のブレーキ検査などの不正について、2017年末までとしていたが、2018年の秋まで行われていたとして、新たに、およそ10万台をリコールすると発表。

これで、一連の問題でのリコールは、およそ53万台にのぼる。

対象車種は、2018年1月から10月に国内で製造された「インプレッサ」など9車種で、追加費用は65億円を見込んでいる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング