【詳報】“自己責任論”に「自分の身に起きる事は自業自得」安田純平さん

11/02 13:27
2015年にシリアで拘束され、10月、およそ3年4カ月ぶりに解放された安田純平さんが会見。
周囲からのバッシングともとれる「自己責任論」について意見を述べた。

(以下、発言要旨)

私自身の行動によって、日本政府などに迷惑をかけたので、私自身への批判があるのは当然のこと。
何があったのか含め、皆様に批判検証いただくのは当然。
ただ、事実に基づかないものもあるように思う。
あくまで事実に基づいたものでやっていただきたい。
自己責任については、当事者である私が述べるのは言いづらいが、紛争地に行く以上、当然「自己責任」と考えている。
紛争地で、日本政府が何かしらの救出をするというのは厳しい。
だからこそ、外務省は退避勧告を出している。
退避勧告が出されている場所に行くからには、相応の準備をして、自分に起きたことは自分で引き受ける準備をするものと思っている。
自分の身に起きることは自業自得と考えている。
そのことと行政が何をするかは別問題。
「その人がどういう人物か」と「行政が何をするか」は別問題。
その人がどういう人かによって行政の対応が代わったら、民主主義として問題。
今回、国としてやる事をやっていただいたと解釈している。
紛争地で人質になった日本人救出は非常に難しい。
その中で可能な限り、努力を続けていただいた。
解放の理由やきっかけはわからないが、日本政府の原則として、「邦人保護」、「身代金を払わない」という大原則の中でやれることを探っていただいたと解釈している。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング