インドネシア旅客機墜落 乗客乗員189人、全員死亡か

10/30 06:43
インドネシアで格安航空会社の旅客機が墜落した事故で、捜索担当者は、生存者がいる可能性は「極めて低い」との見方を示した。

乗客乗員189人を乗せた「ライオンエア」の旅客機が29日、ジャカルタ沖に墜落した事故では、これまでに数人の遺体が収容されたほか、機体の破片などが多数見つかっている。

現場で見つかった飛行機の破片は、バラバラになって、原形をとどめていなかった。

捜索救助庁職員は「遺体が損傷し、機体の細かい破片が見つかっている。(生存者の可能性)極めて低い」と話した。

また、ライオンエアによると、事故機は直前のフライトで技術的な問題があったものの、解決していたということで、現地当局は、墜落との因果関係を調べている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング