活字離れに...「聞く本」をタクシーで 新たな顧客獲得へ

10/30 00:07
働く人に、じわりと広がる「耳で聞く本」。
「オーディオブック」が、読書週間に合わせ、タクシーで楽しめる。

29日から期間限定で、東京23区などで運行を開始した、「本のない図書館タクシー」。

ナレーターや声優による朗読を、耳で聞いて楽しむことができる「オーディオブック」が備わったタクシー。

乗車中に聞き終えるよう、10分ほどに編集された小説やビジネス本など、30タイトルを無料で聞くことができる。

このサービスを提供する「オトバンク」は、50万人を超える「オーディブック」ユーザーのおよそ6割が、移動中聞いていることに注目。

タクシーを利用する幅広い世代に、「オーディオブック」を体験してもらうことで、新たな顧客の獲得と「活字離れ」に歯止めをかける狙い。

株式会社オトバンク・久保田裕也社長は、「まず聴いてもらって気に入れば、オーディオブックを買ってもらってもいいし、書籍を買ってもらってもいい。東京五輪に向けた音声、日本を紹介するようなコンテンツもそうですし、外国語で配信することも検討している」と話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング