安倍首相、インド首相を異例の厚遇 “別荘外交”で夕食会

10/28 17:39
安倍首相は28日午後から、インドのモディ首相を山梨県の河口湖近くの自身の別荘に招き、夕食を共にしている。

安倍首相が、別荘に外国の要人を招くのは初めてで、異例の厚遇に注目が集まっている。

安倍首相は、富士山を望む自身の別荘で、モディ首相と通訳のみを交えた夕食会に臨んでいて、地元の食材を使った和食でもてなしている。

安倍首相が、外国の首脳を別荘でもてなすのは初めてで、異例の厚遇といえる。

「自由で開かれたインド太平洋戦略」の重要なパートナーで、成長著しいインドを重視する姿勢を強調したい狙いがある。

両首脳は28日、山中湖を望むホテルで昼食も共にしていて、安倍首相が、27日までの中国訪問について説明したほか、朝鮮半島の非核化に向けて、協力することを確認した。

また両首脳は、産業用ロボットの工場を視察し、安倍首相は、日本の最先端技術をアピールした。

両首脳は29日、首相官邸で正式な首脳会談を行うことにしている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング