「ブラジルのトランプ」が優勢 まもなく大統領選決選投票

10/28 12:09
南米ブラジルで、大統領選挙の決選投票が日本時間28日夜、行われる。

「ブラジルのトランプ」と呼ばれる、極右のジャイル・ボルソナロ候補が大きくリードしている。

大統領選の決選投票は、元軍人で極右のボルソナロ氏と、元教育相のアダジ氏の一騎打ちで、争点は汚職撲滅や治安改善。

犯罪抑止のために市民の銃所持を訴えるボルソナロ氏は、過激な主張や差別的な発言で「ブラジルのトランプ」と呼ばれている。

その一方で、ボルソナロ氏は、自身は汚職疑惑と無縁だと訴えて、有権者の支持を集め、選挙戦を終始リードしていて、最新の主な世論調査でも、10ポイント程度の差をつけている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング