連続パイプ爆弾郵送 男を逮捕 オバマ前大統領ら標的

10/27 11:56
アメリカで、オバマ前大統領などに宛てた爆発物が相次いで見つかった事件で、捜査当局は26日、フロリダ州に住む56歳の男を逮捕・訴追した。

オバマ前大統領への脅迫など、5つの容疑で逮捕・訴追されたのは、フロリダ州マイアミ近郊に住む、シーザー・セヨク容疑者(56)。

押収されたセヨク容疑者の車両には、トランプ大統領を支持し、民主党関係者を敵視するような写真が多く貼られていて、地元メディアは、セヨク容疑者が熱心なトランプ支持者で、トランプ大統領の集会に頻繁に参加していたと伝えている。

トランプ大統領は、「アメリカで政治的暴力が容認されることがあってはならない」と述べた。

トランプ大統領は、セヨク容疑者について、「自分の支持者だと聞いている」と述べたうえで、自身の過激な言動が事件の背景にあるのではないかとの記者の質問に対しては、「責任はない」と一蹴(いっしゅう)した。

見つかったパイプ爆弾はこれまでに14個にのぼり、捜査当局は、くわしい動機を調べている。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング