病院など「18件」新たに公表 免震装置性能検査データ改ざん

10/26 19:03
免震装置の性能検査データ改ざん問題で、KYBは不適切な装置が使われた医療施設など、新たに18件の建物名を公表した。

KYBが新たに公表した、不適切な免震装置が使われたり、使われた疑いがある建物は18件で、このうち国の基準に不適合なのは、さいたま市の子育て支援センターや図書館などが入る複合公益施設サウスピア、鳥取・南部町にある西伯病院、それに、愛媛・松山市にある愛媛県立中央病院の3件。

顧客の基準に合わないのは、神奈川・川崎市の川崎幸病院など4件。

残りの11件に関しては、不適切な装置が使われているかどうか不明としている。

KYBは、残りの896件の建物についても、所有者などの了解が取れ次第、公表するとしている。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング