風疹予防...“夫”にも費用補助 東京都が対象拡大

10/26 12:30
風疹の患者数が増え続ける中、東京都は、予防接種の費用補助などについて、妊娠を希望する女性だけでなく、夫など同居している人にも広げることになった。

国立感染症研究所によると、2018年の風疹の患者数は、10月14日時点で、1,289人となっている。

東京都では、2018年の患者数が、10月21日までに510人にのぼり、全国で最も患者数が多くなっていて、このうち男性が、419人と8割を超えている。

都では、妊娠を希望する19歳以上の女性に対し、免疫の無料検査や免疫が不十分だった場合の予防接種費用の半額補助を行ってきたが、10月から、対象を、妊婦の夫や妊娠を希望する女性の夫など、同居している人にも広げるという。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング