トランプ大統領「最悪の隠ぺい」 サウジ批判姿勢アピール

10/24 12:32
アメリカのトランプ大統領は、サウジアラビア人記者が死亡した事件をめぐり、「史上最悪の隠ぺいだ」と、サウジ政府の対応を非難した。

トランプ大統領は23日、「当初の考え方から非常にひどかった。ずさんなやり方で、隠ぺいは史上最悪のものの1つだ」と述べて、サウジ政府を非難したが、サルマン国王やムハンマド皇太子と22日にこの問題をめぐり、電話で協議したことを明らかにした。

また、ポンペオ国務長官は、事件に関与した人物のアメリカビザ取り消しの措置をとると発表した。

トランプ政権としては、厳しい姿勢を示すことで、サウジ擁護との批判をかわす狙いだが、巨額の武器輸出契約があるサウジとの関係悪化は避けたいだけに、対応に苦慮している。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング