シリアで拘束 安田さん解放か 菅長官「本人の可能性高い」

10/24 06:16
菅官房長官は23日夜遅く、緊急の記者会見を行い、シリアで拘束されていたフリージャーナリストの安田純平さん(44)が解放された可能性が高いと発表した。

菅官房長官は、「安田純平氏が解放され、トルコ当局のアンタキヤの入管施設にいるとの情報がもたらされている」と述べた。

菅長官によると、日本時間の23日午後9時ごろ、安田さんが解放され、トルコに出国したとカタール政府から連絡があった。

トルコ当局者によると、安田さんはパスポートを所持しておらず、日本政府は職員を現地に派遣し、本人確認を急いでいる。

菅長官は「安田氏本人の可能性が高く、安田氏の夫人にも伝えた」と明らかにした。

政府高官は、身代金は払っていないと説明し、安田さんの健康について「悪いとは聞いていない」と述べた。

安田さんは2015年に、取材のためトルコからシリアに入ったあと、イスラム過激派組織に拘束されたとみられていた。

安田さんとみられる男性が助けを求める映像が公開され、安否が気遣われていた。

安田純平さんとみられる男性が解放されたとの発表を受け、安田さんの母親はFNNの取材に対し、まだ確認中としながら、「こんなうれしいことはないです」と心境を語った。

安田さんの母親は、「まだ、たぶんの話で確定じゃないので。(安田さんだとしたら?)こんなうれしいことはないです。待っていたんですから。わたしどもは、本当にただ待っているだけの身でしたので。(早く会いたい?)そうですよね。毎日毎日、それが願いでしたから」と話した。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング