甘くて“ぶっ飛び”? 人気の「ロド芋」

10/23 18:30
ネット上で今話題になっている「ロド芋」。ホカホカで、ぶっ飛びのうまさだという。

秋本番。
この時期、食べたくなってしまうものといえば、寒い時期にほっと温まる「焼き芋」。

スーパーや専門店で目にする機会が多い中、ある焼き芋屋が、ネット上で今話題になっている。

ツイッターより
「焼き芋のスポーツカーがいた!」
「横浜走ってたら焼きいも屋さん」

スポーツカーに、焼き芋? なんとも珍しい組み合わせ。
一体、どんな焼き芋屋なのか。

よく目撃されるという、夜の横浜へ。
行列の先には、赤い車。

ロド芋・井上昌さん
「焼き芋屋をやっています」
「これは、マツダのロードスターというオープンカーです」

ロードスターで焼き芋を売り、ついた愛称は「ロド芋」。

2018年1月に営業を開始すると、そのうわさは、ネットを中心に徐々に広がり、お客さんは、当初のおよそ5倍に増えたという。

ロド芋・井上昌さん
「(お客さんも)香港から来てくれた方もいて。北海道からとか、もう飛行機乗り継いできたりして」
「いろんな方が来るので面白い」

そして、見た目のインパクト以上に強いのが、焼き芋へのこだわり。

ロド芋・井上昌さん
「これは、キャリアーの上に窯を自分で作ったものを取り付けている形。だいたい(サツマイモが)30個から40個くらいは入ります」

この日は、シルクスイートと、紅はるかの2種類。

まきストーブの窯は、井上さん自らが手がけたもので、改造費はおよそ50万円。
40分から1時間ほどかけて、じっくりと焼き上げる。

その味はについて、客は...。

「甘いですね。おいしい。ホクホクです」
「あっつい! 焼きたてです」
「すごく甘くて、柔らかいです」

販売場所もツイッターで告知という、今どきの焼き芋屋さん。

これから、ますます焼き芋が恋しい季節になるが、オープンカーならではの悩みも。

ロド芋・井上昌さん
「全国も回ってみたいですけど、この車(オープンカー)じゃないですか。寒さには厳しいかなと」

ツイッターで、海外にも広がる焼き芋の輪。

あなたの街に赤い「ロド芋」がやってくる日も、遠くないかもしれない。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング