米高官が露高官と会談“INF離脱の考え説明した”

10/23 06:28
アメリカのトランプ大統領が表明した、INF(中距離核戦力)全廃条約からの離脱について、ボルトン大統領補佐官が、ロシアの高官と相次いで協議した。

モスクワを訪れているボルトン補佐官は22日、ラブロフ外相と会談した。

これに先立ち、ボルトン補佐官は、プーチン大統領の側近とも会談を行い、そこでのやりとりについて、INF全廃条約から離脱するという、トランプ大統領の考えを説明したことをロシアメディアの取材で明かした。

これに対して、ロシア側は「条約の維持を望んでいることを伝えた」とし、協議を継続する姿勢を示した。

ボルトン補佐官は、23日にプーチン大統領とも会談する予定。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング