INF離脱 プーチン氏に直接伝達へ ボルトン補佐官がモスクワ入り

10/23 00:32
トランプ大統領が、INF(中距離核戦力)全廃条約からの離脱を表明。

アメリカの高官が、ロシアのプーチン大統領に直接伝える見通し。

モスクワを訪れている、アメリカのボルトン大統領補佐官は、22日、プーチン大統領の側近である、ロシア安全保障会議のパトルシェフ書記と会談した。

中距離核戦力全廃条約離脱の意向を伝えたとみられる。

ボルトン補佐官は、このあと、ラブロフ外相と会談し、23日には、プーチン大統領と会談する予定で、条約離脱を直接伝える見通し。

トランプ大統領の条約離脱表明について、ロシアの大統領府報道官は「アメリカの中距離ミサイル開発が可能になり、ロシアもバランスを取らざるを得ない」などと指摘し、アメリカをけん制している。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング