デザイナー・芦田淳さん、肺炎のため死去 88歳

10/22 19:05
日本を代表するデザイナーとして知られる芦田淳さんが、肺炎のため亡くなった。88歳だった。

芦田淳さんは、京都府出身で、高島屋の顧問デザイナーを経て独立したあと、1963年に「ジュンアシダ」ブランドを設立した。

当時、皇太子妃だった皇后さまのデザイナーを10年間務めて名が知られるようになり、1996年のアトランタ・オリンピックの日本選手団のユニホームのデザインなども手がけた。

芦田さんは20日夜、肺炎のため、都内の自宅で亡くなったという。
88歳だった。

みんなの意見を見る

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング