欧州各国がサウジを批判 記者死亡「徹底調査を」

10/21 12:17
サウジアラビア政府が、ジャマル・カショギ記者が死亡したと認めたことに、ヨーロッパ各国から批判が相次いでいる。

サウジ政府は、言い争いの末にカショギ記者が死亡したと発表したが、くわしい経緯は説明がなく、ドイツやフランスは、サウジを批判する声明を相次いで発表し、徹底的な調査が必要だと強調した。

また、存在すれば重大な証拠となる、記者死亡までの音声について、アメリカのワシントン・ポストは、「CIA(中央情報局)の当局者が聞いた」と伝えた。

これまで、アメリカ政府は直接確認したことを一貫して否定していて、トランプ大統領も、あらためて「誰も確認していない」と強調した。

トルコ当局は、近く、捜査結果を公表する方針で、サウジの発表にはない中身が含まれるかが焦点となる。

公式Facebook 番組からのメッセージ

FNN
FNNプライムニュースデイズ
FNNプライムニュースイブニング